観葉植物の育て方

Anthurium (アンスリウム) 【 サトイモ科、学名 Anthurium andreanum 】

 アンスリウムは熱帯原産のサトイモ科の草本性植物です。室内に置くことにより空気洗浄と蒸散作用による保温・保湿などの効果が得られるといわれています。
 特にアンスリウムはホルムアルデヒドやキシレンおよびトルエンなどの気化化学物質の除去効果が確認されています。また、蒸散作用率も高く、保温(保冷)保湿効果があり、冷暖房の節減にも期待できます。

 アンスリウムは比較的デリケートな管理が必要な鉢花ですが、近年品種改良が進み、丈夫で長く楽しめる鉢花として改良されてきました。アンスリウムの充実した株は、葉1枚につき花が1輪咲きます。うまく育てれば数年に渡って花を楽しむことができます。

■置き場所

リビング、キッチンなど明るい室内

〜アンスリウムは半日向を好む植物です〜
 半日向とは、直射日光は直接当たらないが明るい間接光やレースのカーテン越しの光などがたっぷりと当たる場所をいいます。リビングやキッチンなどの室内の日中、明るい場所場所が最適です。
 特に冬場はできるだけ窓越しの暖かい光を当ててください。ただし、夜は雨戸や厚手のカーテンを引くなどして保温に努めてください。

■水やり

夏は多め、冬は控えめがコツ

〜アンスリウムの生育に適した温度は、18℃〜25℃です〜
 この気温は一般的には4月下旬から10月上旬頃までの期間ですので、その期間がアンスリウムの生育期間に当たります。生育期間中は2日から3日に1度、午前中にたっぷりと水を与えてください。週に1度、水を含んだスポンジやタオルで葉についたほこりなどを拭き取りながら葉水を与えてください。また、時々は屋外でシャワーの水で葉の表裏を洗い流すと良いでしょう。
 10月の終わりから4月までの期間はなるべく水は控えめで乾燥気味で管理してください。この期間の水やりは、冷水を与えると根を傷めるので、ぬるま湯(20℃前後)を日差しの暖かい午前中に与えるようにしてください。
 なお、底面給水システム(アクアピクシーシリーズなど)の場合は、水受けの水が無くなってから与えてください。

■肥 料

生育期に3要素(NPK)の等量の肥料を

 4月の中旬頃から定期的に9月の下旬頃まで、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)の配合がなるべく同じものを規定量与えてください。緩効性の肥料が良いです。観葉植物用の置き肥(固形肥料)、液肥(液体肥料)のどちらでも構いません。液肥の場合は、2週間に1回の割合で与えてください。ただし、購入した肥料の説明書きはよく読んでください。
 冬の間の肥料は控えましょう。

■その他

咲き終わった花はアンティーク??

 アンスリウムの花の観賞期間は非常に長く、品種にもよりますが、1つの花で1ヶ月以上楽しめます。古くなった花は、暗い色に変色してきます。品種によっては緑色に変わるものもあります。
 このような状態の花をアンティークフラワーと言います。茶色く枯れるまで切り取らずに株に残しておいて、アンティークフラワーとして楽しむのも良いかもしれません。
(品種によってはアンティークフラワーが残りにくいものもあります)

Copyright © 2008 KAWAI ENGEI All Rights Reserved.